三菱自動車

2009年10月11日 14:26 | コメント(0) | トラックバック(0)

三菱自動車は、三菱重工業の自動車製造部門として誕生しました。その後、1970年に独立し、クライスラーと資本提携していました。2000年、三菱自動車は資本提携関係を解消しましたが、技術面においての提携は継続しています。

三菱自動車の関連会社として、トラックやバスなどの大型車を分社化した、三菱ふそうトラック・バスがあります。大型車を分社化させることで、より効率的な生産を狙ったものと思われます。

三菱自動車は、モータースポーツ事業にも力をそそいでいます。ラリー界ラリー選手権やダカール・ラリーなどで好成績を残し、三菱自動車の名は世界に知られるようになりました。代表車種として、ランサーやパジェロなどが挙げられ、四輪駆動車としては有名なものとなっています。

主な生産拠点は岡山県倉敷市の水島製作所と、愛知県岡崎市の製作所です。岡山では主に軽自動車の生産をてがけ、名古屋では乗用車を生産するといったように、ある程度の分業がなされています。そのほか、三菱自動車では全国に多くの拠点をもち、それぞれが分業して仕事をこなしているといっていいでしょう。これも効率化のためで、分業化によってかなりの生産効率が上がっているものと思われます。

 

 性感染症  子宮筋腫
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

トヨタ自動車
トヨタ自動車の歴史は、豊田自動織機製作所の自動車部にさかのぼります。織機製作における鋳造や加工技術を生かして、1935年から本格的に自動車製作を開始します。
日産自動車
のシェアを競ってきました。もともと日産自動車は、芙蓉グループに属する企業でした。関連会社に日産ディーゼル企業や、モータースポーツ専用のニスモを抱え、歴史的経緯から日立製作所とも関係が深いものとなっています。 日産自動車は「技術の日産」と称されるとおり、創業期から先進技術を積極的に吸収してきました。
三菱自動車
三菱自動車は、モータースポーツ事業にも力をそそいでいます。ラリー界ラリー選手権やダカール・ラリーなどで好成績を残し、三菱自動車の名は世界に知られるようになりました。代表車種として、ランサーやパジェロなどが挙げられ、四輪駆動車としては有名なものとなっています。
スズキ自動車
スズキ自動車は、軽自動車では世界でトップシェアを誇っています。日産自動車やマツダへもOEM供給を行っています。
マツダ自動車
マツダ自動車は、広島県安芸郡に本社があります。マツダ自動車は、ロータリーエンジンを搭載した自動車を量産し続けている、世界で唯一の企業です。
ホンダ自動車
ホンダ自動車は、日本の自動車メーカーとしては9番目に設立されています。ホンダ自動車の名を世に知らしめたのは、モータースポーツへの取り組みでしょう。設立の翌年から積極的にモータースポーツに取り組み、モータースポーツの最高峰といわれるF1グランプリで、耐久性や技術力の高さが評価されています。
ダイハツ自動車
ダイハツ自動車は軽自動車を主体に生産している会社で、日本ではもっとも歴史の古い量産車メーカーです。軽自動車においては、トップメーカーであるスズキ自動車とダイハツ自動車で激しいシェア争いを展開していました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mt3.dt10.net/mt-tb.cgi/1069

コメントする

このサイトを購読する